--- LIFE GOES ON ---

カナダ在住。食物アレルギー発覚、Veganへの目覚めを経て、こころと体の健やかな日々をゆるりとめざしてます。水彩画を主にアートも。

じぶんに優しく

f:id:maru-anna0515:20161212173137j:image

12月中旬となるとすっかりXmas モード。

日本から来て数ヶ月から1年以上カナダに滞在している友人数人が、肌荒れや、湿疹に悩まされているという話を度々聞きます。

私も今年の3月に身体中がかゆくなってしまい、夜は寝ながら体を掻いていたことがありました。これが以前にも腕の一部のなぞの湿疹など日本では起こらなかった肌トラブルに微妙に悩まされておりました。

なんとなくアレルギーテストを受けたら、ものすごい数の食品アレルギーであることが発覚!これについてはまた別の機会で触れますが、それまで普通に食べていたものもひっかかっていたのは衝撃でした。

 

でもこっちに来て最初の一年は何も起こらなかったのは何故なのか…友人たちもしばらくこちらで生活してから肌トラブルが発生しているのは何故なのか…としばらく考えておりました。友人の一人が病院で、アジアの子(たぶん東アジアとか)は気候の変化に体が反応しちゃって湿疹がでることが多いと言われたとか何とか。それでも、私の知る限り、しばらくの間があってから起こる場合が多いし。

 

もやもやっといていたのですが、最近、自分的考察がでました。

学校の授業で、人の体は体内環境のバランスを保つよう常に働いている。というのをやったんですが、日本からカナダにやってきた私たちの体の中も、きっと外の環境変化に適応するためにいろいろ頑張ってくれてる感じなのかなぁと思います。温度や湿度気候、食べ物、受けるストレスのちがいなど、いろんなことが一変に起こってしまうから、最初の数ヶ月はそのバランスをとろうとする機能=homeostasisはフル稼働なのでは...?で、徐々ーに慣れてきた頃に、homeostasisも気を抜き始めてて(笑)、それまでの溜まりに溜まったストレスプラスちょっとした拍子でバランスが崩れてにお肌にでてしまうのでは...というのが私の答えです。

うん十年生活した土地を離れて新しいところに来たら、そりゃカラダもびっくりするでしょうよ...わくわくするような楽しい変化も、緊張や辛い変化も心にとっては刺激になるし、たぶん、私たちの気付かないところで、人のからだの中でいろんなところが起こっている。友人の言葉を借りると、『私たちって結構繊細』。

そう思うと、自分自身を大切にすること、セルフケアって本当に大事だと感じます。

前まではおいしいご飯を食べる、マッサージに行くなど、自分へのご褒美って大事!!って思ってたけど、それも結局は外からの刺激を体に与えてるんだなぁと最近気づきまた(でもこの二つは私には必要❤️)

だから、自分と静かに向き合う時間をできる限りとりたいなと思ってます。人それぞれだろうけれど、私の場合、Meditationがその一つ。ヨガも最近そうかな〜。自身の呼吸を感じるというシンプルだけど、普段の生活では意識しないことなかなかできないこと。忙しさを理由におろそかにしてしまうことも度々ではありますが。あと絵を描くこと。自分の中から湧いた閃きを紙に起こすことで、たとえ短時間でも気分がすっきりします。心と体ってつながってるんだと実感。

あと日々の食生活も。化学調味料をとらないこととバランスには出来る限り気をつけています。しかしたまにハメを外すことも…苦笑。

Meditaiton、ヨガも食生活もまだまだ勉強したいとこなのですが、自分を大事にセルフケア。ずっと大切にしていきたいもののひとつです。最近は肌荒れとうまく付き合えてるような気がします。