--- LIFE GOES ON ---

カナダ在住マッサージ+ボディーワーカー。食物アレルギー発覚、Veganへの目覚めを経て、こころと体の健やかな日々をゆるりとめざしてます。

タイの食べ物事情 ②

 

チェンマイ滞在中はほぼ外食。贅沢な気もしますが、お店の選び方によってはとてもリーズナブルな金額。

ヴィーガンのお店以外では、たまに卵やミルクを使ったものを頂いたり、あと多分ナンプラーはよく使われてたと思うので、ラクトオボだったり、ペスクタリアンだったり。

 

朝食はゲストハウスで素敵なおにぎりセットを頂けるので毎朝美味しくいただきました。日本人の方経営で、具沢山のお味噌汁もお出しして下さり、朝ごはんっていいなぁとしみじみ。

f:id:maru-anna0515:20180129121355j:image

ごはんは酵素玄米でモッチリ。

 

マッサージコースの間のランチは学校から近い、ローカルな食堂で。一食30〜40バーツ。100円ちょいですかね。バナナやもち米を使った手作りおやつを売っているお店もたくさん会ったので、食後のデザートまで付けてもプラス15〜20バーツ。

パッタイや焼き飯だと卵を使ってて 、空芯菜炒めでもきっとナンプラーを使われてたかと。卵を抜いてもらうことも可能だと思いますが、いちいち先生に通訳させるのもなぁ…とお肉だけ抜いてもらいました。

ヴィーガンのお店を見つけてからは、ほぼそこで。同じくらいの値段でもっとボリュームはあったような。ソイミートや豆腐を使った家庭料理とごはんといった感じ。

 

 食堂とは呼びがたい雰囲気のお店だと、一品100バーツ前後。

f:id:maru-anna0515:20180129120218j:image

そういうお店は旅行客ばっかりでした。ベジタリアン系のお店はたくさんありますが、ほぼ欧米からのお客さん。おしゃれなベジタリアン旅行ブログとかやってそうな金髪のお姉さんたちなども居ました。

 

素敵ななカフェもたくさん。やはり旅行者がよく行く様子。私も元カフェ好きとして、チェックしてたお店数軒は行ってみました。コーヒーのカフェインに異常に反応してしまう時があるので控え気味ですが。

アジア系の旅行者は写真撮りまくりでなんだか微笑ましかったです。フォトジェニックやインスタ映えというやつでしょうか。 

f:id:maru-anna0515:20180129120348j:image

こちらはアカアマコーヒーで頂いた、エスプレッソにオレンジの皮が入ってるドリンク。甘味は蜂蜜ですかね。美味しかった〜

ソイミルクやアーモンドミルクのオプションはどこのお店でもあまり見かけなかった気がします。

 

f:id:maru-anna0515:20180129124217j:image

Ramon cafeのきのこのレッドカレーと野菜スープ

f:id:maru-anna0515:20180129124225j:image

最後の朝食はゲストハウスを出ていたので、揚げパンと豆乳 25バーツ

揚げパンは甘くなくて、豆乳はほんのり甘く、素朴で美味しかったです。

 

外食だと油をたくさん使っているからなのか、どうしてもサッパリしたのが食べたい日には、道端でココナッツの実やフルーツを買うことも。缶のココナッツジュースでは味わえないココナッツの果肉がまた美味しくて。

 

食いしんぼうなので、旅先のごはんはとても大事。その点でもチェンマイは楽しむことができました。

 

機内食ベジタリアン食をリクエスト。ただ、バンコクチェンマイ間はリクエストを受け付けないみたい。1時間弱のフライトでごはん出すのも驚きですが…