--- LIFE GOES ON ---

カナダ在住マッサージセラピスト。食物アレルギー発覚、Veganへの目覚めを経て、こころと体の健やかな日々をゆるりとめざしてます。

国民性について思う

f:id:maru-anna0515:20170827142243j:image

この夏は、学校を終え、ガラリとキャリアチェンジをした変化の夏でありました。

 

あと、ファーマーズマーケットの新鮮な野菜たちの美味しさに改めて感動を覚えた夏でした。写真カラフルなトマトとトマティロ(トマティーヨとも言うらしい)と我が家の愛鳥。

まだ完全には終わってないのかな? 朝夕は肌寒いですが。

 

仕事を始めるにあたって、新しくお会いする人と話す機会が結構あったのですが…日本人というだけで初対面での良い印象を持たれることが多いです。

私という個はあまり見られていないということですが 、 面接などでは有利。偉大な先人達よ、ありがとうございます 笑

 

人種のモザイク言われるカナダ。いろん人種がアメリカという国に融合しするというアメリカの"人種るつぼ" と違い、それぞれの文化が尊敬しあい共存していて、モザイク模様のようだとかなんとか…

アメリカで暮らしたことないんでなんとも言えないですが、〇〇人はこうだ、とか###人てあーだとか、良いことにしろ、悪いとこにしろよく聞きます。アジア人はチップをあまり払わないとか 笑

まあ日本でも、関西人は笑いに厳しいとかありますし。 テレビの台詞だけかと思っていた、これだから最近の若い子は!というお叱りも実際聞いたこともあります。(聞いた時ちょっと面白ろかった笑)

良くも悪くも、人は属性でものを見る性質があるようですね。

 

カナダに住む日本人はたくさんいますが、もし、日本人が私ただ一人の街に居たら。特に、インターネットなどに疎い中高年が多かったら、外からの情報は少ないでしょう。 私の印象が日本のそれになり得るのでは。。なんてあり得ないけど、こちらで生活してて、ふと考えたりします。

 

最近、仕事にて、なかなかお目にかからない国からお客さんが来て、残念なことに良いとは言えないイメージを残して行ったのです。初めてその国の人と接したという同僚が数人。もちろん私も。

当然人それぞれなので、素晴らしい人もいるに違いないのですが、そのお客さんが未知なる国を、ある意味代表しているとも言えるのでは。

少なくとも私は、その国から来た方に会う次の機会に、今回のことを思い出してしまうと思います。

 

今まで培ってきた礼儀や常識の範囲内で行動すれば大丈夫だとは思うのですが、よそで生活する日本人として、自分の知らないところで国を評価されるかもしれない。 なんて思うのでした。

明日から旦那様の両親を訪ね、邦人が少ない田舎の方行ってくるので、少しピシッとしなければかなぁ…