読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

--- LIFE GOES ON ---

カナダ在住。食物アレルギー発覚、Veganへの目覚めを経て、こころと体の健やかな日々をゆるりとめざしてます。水彩画を主にアートも。

Human

f:id:maru-anna0515:20170228042517j:image

もう2月も終わり。

試験がいっぱいあったので今月は勉強!の月でありました。

 

まだまだ肌寒いけど日が長くなり、もうすぐ春なのかなと思ったり。

snowdropという可愛らしい花がちらほら咲いているのを見かけます。なんでも春の訪れを告げる花で、一番早くに咲くのだそう。この春でカナダ歴4年ですが、今まで知らなかった…

 

試験もひと段落したので、ゆっくり映画でも見ようと思い、お友達にオススメしてもらったドキュメンタリーを見ました。

www.youtube.com

ものすごく考えさせられました。

たくさんの人へのインタビューが主なのですが、途中から罪悪感が生まれてきて、見続けるのが辛くなってしまった…

発展途上国の人々の話が胸に刺さりました。世界には、明日生き延びられるかもわからない、その日ごはんが食べられるのかわからない、生き延びるため・食べるためだけに過酷な仕事をしなければならないという人々がたくさんいます。彼らの現実を改めて目の当たりにして、いかに自分が恵まれたところにいると思い知らされました。悲しいけれど、人は平等ではないのです。

 私は、自分が裕福だと思ったことは今まで一度もないけど、それでも今自分がやりたいこと、今日の夕食で食べたいもの、何を仕事にしたいか、どこに住みたいのか、誰を愛したいのかという選択をする自由がある。

 私たちはあらゆるものを持ちすぎているのに、不満・欲を抱いています。それが当たり前になってしまっているのですね。

『当たり前のものに感謝する心をもつこと』と、以前教わったはずなのに、毎日の生活のなかに埋もれてしまっていたようです。

 

もっと周りの人やものを大事にしよう。言葉にするのは簡単ですが、このドキュメンタリーを見て、もっと心の深いところか改めて思いました。

 また、悲しい現実に直面している人々が救われるために、アンテナをはってできることを探してみようと思います。

 

すごく思い作品だけど、もっと多くの人に見られるべきだと思います。

 

こちらもつらつら綴ってしまいったけど、またここに戻ってきたときに思い出せるようにという自分用も兼ねてますんで :)